マイナンバーのコンビニエンスストア利用について

マイナンバーのコンビニエンスストア利用について概要画像

1.マイナンバーのコンビニ利用とは

マイナンバーのコンビニエンスストア利用とは、マイナンバーカード(又は住民基本台帳カード)を利用して市区町村が発行する証明書(住民票の写し、印鑑登録証明書等)が全国のコンビニエンスストア等のキオスク端末(マルチコピー機)から取得できるサービスのことをいいます。

2.取得できる証明書

<お住まいの市区町村の証明書>

  1. 住民票の写し
  2. 住民票記載事項証明書
  3. 印鑑登録証明書
  4. 戸籍証明書(全部事項証明書、個人事項証明書)
  5. 戸籍の附票の写し

<本籍地の証明書(お住まいの市区町村と本籍地の市区町村が異なる方向け)>

  1. 戸籍証明書(全部事項証明書、個人事項証明書)
  2. 戸籍の附票の写し

なお、市区町村により、取得できる証明書の種類が異なります。

3.利用方法について

店舗に設置されているキオスク端末(マルチコピー機)の画面に表示されている「行政サービス」ボタンを押して、利用をします。

なお、利用できる店舗情報は、次のサイトから確認できます。

さらに、お住まいの市区町村または本籍地がコンビニ交付サービスを提供しているかは下記から確認できます。

4.コンビニ利用のメリット

マイナンバーカードをコンビニエンスストアで利用するメリットは次になります。

  1. 市区町村窓口の閉まっている時間帯でも利用可能
  2. 出張先等でも利用可能
  3. 市区町村窓口より手数料が安くなる場合がある

マイナンバーに関するお問い合わせ